ads.txtの設置方法とは?!

wordpress

みなさん、こんにちは

 情報系学生をやってます。ノイです。


 今回は、このサイトを運用していくうえで、困ったことについて書いていきたいと思います。

 1番困ったことは、Google AdSenseからの警告としてads.txtのファイルについての警告が来たことです。


要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

 実際には、上記のような警告が来ました。今では、設置することができましたが、最初は全然意味が分からなかったです。設置する方法など書いていきます。



ads.txtを設置するメリット

 ads.txtファイルを設置する理由は、認定デジタル販売員の宣言をするためです。コンテンツ内の広告枠が、サイト運営者がAdSenseなどの認定した販売者を通して販売されるようにするためのものです。サイトの広告枠の販売者を管理し、偽の広告枠が広告主に提供され、悪用されるのを防ぐ効果があります。

 つまり、誰かに悪用されるのを防ぐために設置した方がいいということです。





ads.txtを設置する方法 

1 テキストファイル(.txt)を作成する。

 テキストエディタを利用している人であれば、単純に拡張子を(.txt)にしてファイルを保存すればいいです。

 テキストエディタを利用したことがないのであれば、パソコンで、メモ帳を開いて「ads.txt」という名前のファイルを作れば大丈夫です。



2 ファイル内に次の1行を書く。

 google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

 上の画像のように「ads.txt」を書きます。この時、「pub-」の後に自分のサイト運営者IDに換えます。サイト運営者は、Google AdSenseのホームページから、アカウント情報のページに移動することで、自分のサイト運営者IDというものがわかります。それを上記の文において、入れ替えることで、ads.txtが完成します。

 一文でいいので比較的簡単に書くことができると思います。

(注1)「ads.txt」は、文字コードを「UTF-8」に変更しておかなければエラーが出ます。

(注2)複数のサイトを運営していたとしても、同じGoogleアカウントでAdSenseを利用しているのであれば、サイト運営者は共通になります。別のGoogleアカウントを利用しているのであれば、別のサイト運営者IDになります。



3 作成したads.txtをドメインの下に置く。

 ドメインフォルダ内の「public_html」内に保存します。私は、エックスサーバーを利用していますので、ファイルマネージャーを利用して、ファイルをアップロードしました。

 エックスサーバーでは、ファイルマネージャーにログインすることで、簡単にファイルの保存などができます。ちなみに、ログインパスワードは、別のパスワードですので、気をつけてください。

(注)ads.txtというファイルはエックスサーバーのファイルマネージャー上で編集することもできますので、メモ帳などを開くことが面倒な人は、こちらをご利用ください。


 こちらのページで自分の確認したいWebページのURLを入力することで、ads.txtの確認ができます。試してみてください。

Ads.txt Manager | DataSign FE

 確認してみると、「“ISO-8859-1”は誤った文字コードです。utf-8で作成してください。」と出ることがあります。これは、文字コードがUTF-8になっていない場合に出ます。

 対処法は、.htaccessファイルに下記のコードを入力することです。

<Files ads.txt>
AddType "text/plain; charset=utf-8" .txt
</Files>

 これを入力することで、UTF-8の文字コードに変換することができます。


(注)もう一つ私が出たエラーは、なぜかads.txtの中身の先頭に?が履いているものでした。下のような感じです。

? google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

 ?を除くことで直りましたが、なぜ挿入されたのかわかりませんでした。



 以上がads.txtの設置方法でした。ご質問ありがとうございました。




コメント

タイトルとURLをコピーしました