ハッカーは悪くない?!

セキュリティ

 

 みなさん、こんにちは

 情報系学生をやってます。ノイです。


 みなさんは、ハッカーは悪い人だという風に思っているかもしれません。報道などでは、「ハッカーによる犯罪」という報道をされていることがあります。しかし、これは一部違います。

 今回は、実際にシステムを攻撃するような人について簡単に書いていきたいと思います。



 


ハッカー

 まずは、ハッカーについて書いていきたいと思います。

 ハッカーとは、もともと「情報システムにとても詳しいユーザ」や、「情報分野について知的好奇心に富んでいるようなユーザ」のことを言っていました。ハッカーとは、昔はシステムへの侵入などを行っていましたが、これは知的好奇心を満たすためのものとして許されている時もありました。

 現在では、システムへの侵入はもちろん犯罪とされています。しかし、もともとは悪意を持って侵入していたユーザではありません。

 似たようなものを言えば、オタクのようなことですね。昔は、オタクとは、特定の分野において高度な知識を持ち、精通しているような人のことを言っていました。それがいつの間にか、気持ち悪い人、アニメや漫画好きのような人がオタクであるとされるようになってきました。

 少し脇道にずれてすいません。

 ハッカーとは、つまり、情報システムに精通しており、知的好奇心に富んでいる人のことなのです。

 そうは言っても、現在は、マスコミではハッカーとクラッカーが混同されることがあるので気を付けましょう。狭義のハッカーと広義のハッカーとを使い分けることができるようにしましょう。




クラッカー

  クラッカーとは、ハッカーとは違い、明確に犯罪者であると定義されています。クラッカーの行為はとても悪質なものになりますが、持っているスキルは非常に高いものになります。あらゆる手段で攻撃してくるので対処が難しくなります。

 現代では、いたるところにITがあります。ITがないと生活することができないくらいに依存している側面があります。そのため、物理的に攻撃するよりも大きな被害を相手に与えることができます。そういった面があり、他国ではクラッカー集団がいることがあります。攻撃を対策するために、日本でもホワイトハッカーの育成が行われています。

 つまり、クラッカーとは、ITにおいて攻撃を行う犯罪者のことなのです。



スクリプトキディ

 ITスキルのあまりないユーザの内、いたずらなどの愉快的な目的によってシステムなどを攻撃する人のことを言います。

 通常、ITスキルがあまりないと、攻撃することはできないです。しかし、ネットワーク設備が充実になったことによって高度なクラッカーが作成した攻撃用のツールを簡単に入手することができるようになっています。自分ではどうやっているのかわからなくても、攻撃できるような世の中になってしまっているのです。

 このような攻撃用ツールは、広く知られており、セキュリティソフトで対処できるようになっているので、ウイルスバスターなどの対策ソフトがあれば、予防することができます。



まとめ

 みなさんいかがだったでしょうか。

 ハッカーとクラッカーの違いについてよくわかりましたか?

 これからは、違いを理解できるようになりましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました